シリーズ累計1万ユーザー突破! 「答え」が出てくるSEOソフト
seoマスター >

競合サイト調査

競合サイト調査

競合サイトと貴方のサイトを多角的に比較調査します。

競合比較画像

難易度、上位表示の確率、オーソリティーが一気にわかる。

オーソリティ管理画像

URLとキーワードを入力するだけで、キーワードで上位10位の競合サイトオーソリティーを調査して、貴方のWebページと比較します。また、キーワードの難易度や上位ページと総合比較した結果、上位表示(1ページ目)に表示される確率も表示します。

キーワードの難易度
キーワードの難易度をAAA,AA,A,B,Cの5段階で表示します。キーワード難易度と上位表示の確率から、チャレンジできるキーワードかどうかを事前に判断できます。
上位表示の確率
SEOは、Webページがもともと持っているポテンシャルを最大限に引き出して、その結果として順位を上げるものです。つまり、もともと持っているポテンシャルが競合サイトと比べて大きく劣っている場合は、いくらWebページを最適化しても上位表示されることはありません。 SEOを行う前に上位表示の確率を確認して、確実に上がる可能性があるキーワードを選定することが大切です。
インデックス数
インデックス数が多いWebサイトは、十分なコンテンツがWebサイト内に存在するため、検索エンジンの評価が高くなります。さらに、ページ数が増えることで、ランディング機能の向上とともに、Webサイト内のリンク強度も高くなるため、Webサイト全体のオーソリティーがアップします。競合サイト調査では、上位10サイトのインデックス数と貴方のWebサイトのインデックス数を比較します。
テーマ性
テーマ性とは、キーワードに対してWebサイト内にキーワードに関するページがどのくらい含まれているかを示したものです。キーワードテーマが高くなれば、Webサイトがキーワードに対してよりフォーカスしているといえ、Webサイトの専門性が高くなります。
Twitter
指定URLに対してTwitterでつぶやかれた数です。中央値で比較します。
文字量
ページ内文字量は、順位に大きな影響を及ぼします。 コンテンツ量が充実しているページは、薄っぺらな内容しか書かれていないページよりも遥かに検索ユーザーを満足させます。競合サイト調査では、実際に目に見える可視テキストの文字量を上位サイトと比較します。
ページランク
Googleページランクは、Googleが公開している数少ない公式な指標の一つです。 Googleページランクは、一部のページ評価しか反映されていませんが、統計調査では検索順位との相関がとても強い要素です。競合サイト調査では、上位ページのページランクと貴方のページランクを比較します。
ページ階層
上位表示されている74%は2階層目までのページです。競合調査で、上位ページの階層と貴方のページ階層を比較します。
アウトリンク数
Webページからドメイン外に出ているリンク数を上位ページと比較します。ドメイン外へのリンク数が多くなると、ドアウェイページとして判断されたり、オリジナルコンテンツとしてのページクオリティーが低いと判断される傾向があります。
Facebook
facebookの「シェア数」「いいね」「コメント数」の総和です。中央値で比較します。
はてなブックマーク
日本最大級のソーシャルブックマークである「はてなブックマーク」の、指定URLに対するブックマーク数です。中央値で比較します。

facebook,Twitter,はてブのソーシャル比較。

ソーシャル比較

facebookやTwitter、はてなブックマーク(はてブ)などの数値を上位サイトと比較できます。 facebookの「シェア数」「いいね」「コメント数」や指定URLに対してTwitterでつぶやかれた数、日本最大級のソーシャルブックマークである「はてなブックマーク」のブックマーク数は、URLがソーシャルメディアで認知されている指標です。

より確度の高いキーワード選定をスムーズに。

難しいキーワードにチャレンジすることも大切ですが、まずは確実に上位表示を狙えるキーワードを選ぶことが大切です。 競合サイト調査では、上位ページと比較して上位確率が低い場合は、別のキーワード候補を表示する機能が付いています。
キーワード選定画像

検索ニーズの高いテールワード候補。

テールワード候補画像
テールワード候補は、検索ユーザーが頻繁に検索するワードを表示します。競合が少なく(上がりやすく)、検索ニーズが高いキーワードを簡単に見つけ出すことができます。 テールキーワードは、検索数(人気度)は少ないものの、キーワード自体が絞り込まれているため、コンバージョンにつながりやすいキーワードです。 商品ページや枝ページは、個々のテールワードで1ページ目に表示すれば、大きな売り上げアップにつながります。

競合サイト調査比較レポートも楽々作成。

CSV

CSVエクスポート機能を使えば、エクスポートしたファイルをエクセルで加工して社内や社外のプレゼン資料して活用することができます。 また、定期的にレポートを保存することで、競合サイトの動向をチェックしたり、検索アルゴリズムが更新した際のオーソリティー要素の重要度の変化を捉えることができます。
オンライン体験
seoマスターProfessionalをご検討の方にお勧めなオンライン体験です。 面倒な設定不要でseoマスターがインストールされたPCをあなたのPC画面にオンラインで表示できます。 体験は無料、3コースからお選びいただけます。SEO経験の豊富なスタッフが対応いたしますので、わからないことは何でも聞いてください!
オンライン体験の3コース
オンライン体験予約電話
オンライン体験予約フォーム


内部SEO実践マニュアル2014年度版