シリーズ累計1万ユーザー突破! 「答え」が出てくるSEOソフト
seoマスター > seoマスターの使い方 >

内部SEOでもっとも重要な「ページ文章の最適化」

内部SEOでもっとも重要な「ページ文章の最適化」

このエントリーをはてなブックマークに追加

内部SEOでもっとも重要な”ページ文章”の最適化

Webサイトに見込み客を集客する手段として内部SEOは必須です。 内部SEOでもっとも重要な要素は”ページに書かれている内容”ということをほとんどの方がご存知にも関わらず、多くの人がタイトルタグや見出しタグを最適化する”テクニック”に走ってしまっています。 htmlタグは確かに大切な要素のひとつではありますが、あくまでも補完的なSEOでしかありません。内部SEOの第一歩は、「ページに書かれている内容をいかに検索ユーザー(検索エンジン)に最適化するか」から始まります。

Googleが判断する「良い文章」と「悪い文章」

Googleは、2012年頃から”ページに書かれている内容の分析”の技術開発に特に力を入れています。 例えば、単語間の助詞や接続詞から、人間が作った文章か、自動で生成された文章かを判断することができます。また、内容の濃い文章は、中心となるテーマキーワードが入っているだけでなく、テーマキーワードに付帯する様々な関連キーワード郡で構成されているということも知っています。 例えば、次のような2つの文章があるとします。 どちらが、よりGoogleの評価が高いか考えてみてください。
文章1 ヒルトン・ハワイアンリゾートホテルは、オアフ島の9万㎡もの広い敷地にコンセプトの異なる2,860室の客室を配したラグジュアリーホテルです。 ホテルの目の前には、広々とした砂浜が美しいデューク・カハナモク・ビーチと、透明度が高いデューク・カハナモク・ラグーンがあります。波が穏やかなので、のんびり過ごしたり小さな子供が水遊びをしたりするのに適しています。リゾート内にはペンギンやフラミンゴ、白鳥などが観られる「トロピカルガーデン」や多彩な5つのプールがあり、さまざまな楽しみ方をすることができます。 また、日曜~木曜の夜はルアウショー、金曜の夜にはハワイアンミュージックとダンスの後に花火が打ち上げられ、リゾートの夜を彩ります。 (4travel.jpより抜粋)
文章2 ヒルトン・ハワイアンリゾートホテルはオアフ島を代表するホテルです。 ファミリー&グループにオススメのキッチンも備えた1ベッドルーム利用プランがあります。また、追加代金で1ベッドルームオーシャンビューの指定もできます。(1泊につき1人8000円増し) 1部屋に4~5名で泊まれば、通常のホテルタイプのお部屋に2名ずつ泊まるよりリーズナブルにリゾートを満喫できます。※2名様の場合は、1ベッドルームはかなり割高になりますので、ホテルタイプをおすすめします。 空港ホテル間の混載送迎付か、送迎なしで滞在中レンタカー乗り放題か選択できますので、ご予約時にご希望をお申し付け下さい。
上記2つの文章は”ヒルトン・ハワイアンリゾートホテル”について書かれた文章です。2つの文章の文字数はほぼ同じですが、書かれている内容は明らかに異なります。 文章1は、ヒルトン・ハワイアンリゾートホテルについての詳細な説明があり、文章を読むだけで、ホテルの情景が浮かんできそうです。 それに対して文章2は、ヒルトン・ハワイアンリゾートホテルについて書かれた内容がほとんどなく、プランの内容ばかりです。これでは、ヒルトン・ハワイアンリゾートホテルの魅力がまったく伝わってきません。 そうです。Googleが判断する良い文章は”文章1″です。 Googleは、常に検索ユーザーの目線で文章の善し悪しを判断します。そのため、文章1を検索結果の上位に、文章2を下位に表示します。 では、Googleはどのようにして、文章の善し悪しを判断しているのでしょうか?

Googleが高評価する文章の条件

上記の文章1と文章2を比べてみると、文章1はヒルトン・ハワイアンリゾートホテルに関する記述(ワード)が多く見られますが、文章に2にはホテルに関する記述はほとんど見られません。
文章1でヒルトン・ハワイアンリゾートホテルに関したワード ・オアフ島 ・2,860室の客室 ・ラグジュアリーホテル ・デューク・カハナモク・ビーチ ・デューク・カハナモク・ラグーン ・波が穏やか ・ペンギンやフラミンゴ、白鳥などが観られるトロピカルガーデン ・多彩な5つのプール ・日曜~木曜の夜はルアウショー ・金曜の夜にはハワイアンミュージックとダンス ・花火

 

このようなワードを「共起語」と呼びます。 Googleは、単にキーワードが含まれている文章ではなく、キーワードに付帯した情報(ワード、共起語)が多く含まれる文章を高く評価します。

共起語の出現頻度を可視化できる「文章補助機能」

seoマスターProfessionalには、SEOキーワードに間する共起語や関連語を可視化できる文章補助機能があります。 文章補助機能は、キーワードで現在Google検索結果の1ページ目(トップ10)に表示されている10ページを取得、ページ内部の文章構成を分析し、共起語や関連語の出現数や出現頻度をグラフで表示します。 上位ページのページ内単語構成と自ページの単語構成を比較できます。 赤丸の上の段は、「自ページ内のキーワード出現回数」/「上位10ページ平均の出現回数」です。 つまり、上記の例で言うと、「新巻鮭」は、自ページでは50回使用されているのに対して、上位10ページの平均はわずか2回ということです。 ※この例の場合、出現回数が多すぎるように見えますが、ページ内の文字数と出現回数は密接に関係しますので、必ず「ページ内文字数」の採点を事前に確認してください。 また、赤丸の下の段は、「上位10ページ中、この単語が使用されているページ数」を表しています。数値の大きなものほど、キーワードと一緒に使用される頻度が高い単語と言えます。また、冒頭に「あり」と表示されたワードは、すでにこのページで使用されているワードという意味です。 さらに、画面右にはキーワードと一緒に頻繁に検索されるワードが表示されます。検索ユーザーが頻繁に検索するワードは、ニーズが高いワードと言えますので、これらのワードを使ったコンテンツをページ内に作成すると検索エンジン評価が高まります。 ページコンテンツの最適化は、検索ユーザーにとって有益な情報を備えたページを作成することが前提ですが、Googleの評価が高くなる指標をもとに作成しなければ、せっかくの良い文章も上位表示されません。 seoマスターProfessionalの文章補助機能で内部SEOでもっとも重要な「ページ文章の最適化」を行ってください。
この記事はお役に立ちましたか?この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けたら、下のボタンから共有をお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
facebook  facebook上にもseoマスターのファンページがありますので、「いいね!」してください。

オンライン体験
seoマスターProfessionalをご検討の方にお勧めなオンライン体験です。
面倒な設定不要でseoマスターがインストールされたPCをあなたのPC画面にオンラインで表示させます。体験は無料、3コースからお選びいただけます。SEO経験の豊富なスタッフが対応いたしますので、わからないことは何でも聞いてください!
オンライン体験の3コース オンライン体験予約電話 オンライン体験予約フォーム

内部SEO実践マニュアル2014年度版

個別の手助けが必要ですか?
サポートデスクは、お使いの製品によって連絡先が異なります。

seoマスターProfessional

【サポートに関して】
seoマスターProfessionalに関する各種お問い合わせは、ご契約中の契約店まで、もしくは下記の総販売代理店までお問い合わせください。

株式会社ディテイル・クラウド・クリエイティブ

http://detail-cc.com/seomaster/

seoマスターEXPRESS

【サポートに関して】
seoマスターEXPRESSに関する各種お問い合わせは、株式会社アレグロマーケティングにお問い合わせください。

株式会社アレグロマーケティング

http://www.allegro-inc.com/user_data/support.php

※サポートご利用の際には、ユーザー登録が必要です。下記URLよりユーザー登録いただくと、サポート取り合わせ先の情報をメールでお知らせいたします。